維新府政に、若い力で真っ向勝負!

山本いっとくニュース

一覧を見る

最新情報

カジノが大阪に来ていいのか?

6月4日に大阪府と大阪市で実施している「知る、分かる、考える、統合型リゾート(IR)を考える」という講演会に行ってきました。大阪府・大阪市IR推進会講座長代理の谷岡一郎氏の講演でした。ラスベガスがIRを作る中で、どう発展してきたかということを中心に、統合型リゾートにはカジノが必要だという話を聞いてきました。

6月9日には日本共産党の国会報告に行ってきました。この国会報告の中心はカジノ実施法。カジノ実施法案は今国会にも採決されるのではといわれていますが、200条を超える(介護保険法以来だそうです)大きな法律案がこんな短い審議時間でいいのか、カジノ業者がお金を貸せるというのは大問題、ギャンブル依存症対策も十分でないというお話でした。

カジノ、賭博の問題を私なりにも改めて勉強してみようと、「賭博の日本史(増川宏一著、平凡社選書)」「カジノ戦争(西澤信善著、晃洋書房)」「溶ける(井川意高著、双葉社)」「これでもやるの?大阪カジノ万博(カジノ問題を考える大阪ネットワーク編)」「カジノで地域経済再生の幻想(桜田照雄著、自治体研究社)」を読んでみました。

賭博にはまってしまうのは、はるか昔からあって、それを規制しようという動きもそれに合わせてずっと続いていることです。ギャンブルをしたいという欲求は一定あるのだと思いますが、それをいかに抑制していくか、大きな問題にしないようにしていくのかということが必要なんだと思いました。そう考えると、今でも公営ギャンブルやパチンコが認められ、ギャンブル依存症が増えている日本では、ギャンブル対策を進めることが必要であり、それを促進するようなカジノ実施法案はやはり間違っています。

カジノ実施法案が今国会でも可決されるといわれていますが、これに向けて6.18カジノあかん市民集会が豊中市立福祉会館集会室で6月18日午後6時から行われます。

私も参加して、カジノはダメだという声を上げていきたいです。

 

新着更新情報

一覧を見る