維新府政に、若い力で真っ向勝負!

山本いっとくニュース

一覧を見る

最新情報

万博が来ても、カジノはいらない(ニュースいっとく!No.8より)

 

万博を口実にした巨額投資は問題

 2025年、万博の開催地が大阪に決まりました。マスコミでも大きく取り上げられ、経済効果や関心が高まっていますが、この万博には様々な問題があります。一つが費用の問題です。大阪府の基本構想でも「会場建設費は1200億円から1300億円」、「運営費は690億円から740億円」、万博会場につなぐ鉄道等の関連事業費は730億円となっています。会場建設費は、国と自治体、関西財界が3分の1ずつもつといい、大阪府にとっても巨額の費用をかけることになります。松井知事が万博が決まった直後に「風呂敷広げすぎた」と首相官邸にお願いに行くなど、今後、東京オリンピック・パラリンピックと同じようにさらに負担増になる可能性もあります。今、防災対策や府民の暮らしそのものが大変な時に多額の府民の税金をたった半年間のイベントにつぎ込むことは問題です。

 

カジノとセットでいいのか。

 この万博がカジノとセットであることも大問題です。万博の理念は、公衆の教育を主たる目的として、文明の進歩と将来の展望をしめすというものです。1970年の大阪万博は、私の父が中学生の時に家族で行ったというくらいで、私はもちろん生まれる前の出来事です。この時の万博が残した財産が万博記念公園と万博の森、そして、文化の多様性を表した国立民族学博物館で、今でも市民にも親しまれています。

 

 万博記念公園と万博の森は、行き過ぎた科学技術が公害などの負の側面ももたらすということから、自然の再生をしめすために作られました。

 

 そして、国立民族学博物館は平和を追求する施設として作られました。元々万博の民族展示には1878年のパリ万博で植民地から連れてきた原住民を展示するネグロ村をつくるなど植民地を支配した成果を展示するという考えがありました。しかし、70年の大阪万博では、民族の文化に優劣はなく、文化の多様性を認めるという考え方をもって展示がなされ、その考え方が民族学博物館につながっています。

 

 私は70年の万博が残した遺産には、今の時代にも続く大きな意味を持っていると感じました。

 

  一方、今回の万博はどうでしょうか?テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」といいますが、公式のパンフレットを見ると万博は、「人・モノを呼び寄せる求心力と発信力」があり、「2020年東京オリンピック・パラリンピック後の大阪・関西、そして日本の成長を持続させる起爆剤」と書かれています。そして、この万博が決まってすぐにアメリカのカジノ業者が祝辞を送り、大阪のカジノを含む統合型リゾートのパートナーとなることに意欲を燃やしています。カジノとセットで万博が作られ、それが起爆剤とでもいうのでしょうか?

 

 吉村大阪市長は、夢洲の万博跡地にカジノを含む統合型リゾートをさらに大きくするために使うとしています。1970年の万博と比べても、2025年の万博がカジノを含む統合型リゾートの誘致が目的であれば、万博ももろ手をあげて誘致を喜べないと思います。みなさんの考えを是非、お聞かせ下さい。

 

新着更新情報

一覧を見る