維新府政に、若い力で真っ向勝負!

新着更新情報

文教常任委員会での補正予算の質疑がありました。

9月10日に文教常任委員会で補正予算の審議がありました。今回は補正予算とは別に施設使用料の値上げの条例提案が、ありました。

施設使用料については市内にある64の公共施設の内の12施設について使用料を最大で1.5倍にまでひきあげるものです。

特に今回は文教常任委員会が関わる体育館やテニスコートなどの施設が多く含まれています。豊中市の掲げるスポーツ振興ビジョンのすべての市民がスポーツに親しめる環境を作ると言っているなかで、市民の利用が減ることが予想される利用料の値上げは氏の施策と矛盾すること、そして、テニスコートなど近隣市の施設に比較して3倍以上にもなる施設もでてくるため、近隣市と比べても高すぎることを指摘し、反対をしましたが、賛成多数で委員会では可決されてしまいました。残念です。今後は市民の声を高めて引き下げに向けて声を上げていきたいと思います。

また、11日には摂津市議選挙の応援にいってきました。ひろ豊候補の事務所で電話かけのお手伝いをしました。反応は上々です。ぜひ、がんばって当選してほしいです。

委員会が終わりましたが、今度は一般質問。そして決算委員会。市民のくらしを守るためにがんばっていきます。

大学のゼミで一緒だった友達の結婚式に出席しました。

昨日は、この前の大雨の被害があったところに聞き取りに行った後、友達の結婚式に出席しました。久しぶりに大学の時の教授と友達にお会いして、式後も一緒に飲みに行きました。結婚式に行くと幸せな気分になります。

また、昨日は私は出席できませんでしたが、たつみコータローさんが豊中につどいに来てくれました。そのなかで、私の知り合いが入党されたそうで、これも大変嬉しい事でした。これからも共産党を広げて、政治を変えるために頑張ります。

 

 

 

 

 

 

25日の大雨 豊中市の状況を確認しました。

25日の午前は大変な雨でしたね。私も心配になって千里川の様子を見に行きました。

今朝の新聞報道によると市内全域で道路が冠水し、床上浸水もあったとのことでした。

26日の午前中に早速、危機管理室と水路課に昨日の雨の状況を確認しました。豊中の中部から南部の地域にかけて1時間で60ミリを超える雨が降り、利倉の観測所では1時間で70.5ミリの雨が降ったそうです。床上浸水が3戸、床下浸水が121戸ということでした。北部の地域でも1時間で30ミリから40ミリの雨が降り、下水管が50ミリ対応のため、もう少しで浸水などの危険があるということでした。

こういったゲリラ豪雨や集中豪雨が続くようであれば、豊中市でもこれまで以上に貯水対策を進めていくことが必要です。

 

お盆休み 1日目

8月14日からお盆休みを取りました。いつもお盆の時期には、京都の下鴨神社での古書市にいっています。

古本まつり看板

今年は14日に早速、行ってきました。昨年に引き続き、豊中で活躍している紙芝居屋さんも出演していました(写真)。

いつも行くと沢山の本を買うのですが、今回は安西育郎先生が昭和53年に書かれた「図説原子力読本」が面白そうでした。また、趣味の落語の本も4冊程度手に入りました。なんやかんやで14冊も買ってしまったので、帰りが大変でしたが、これで当分楽しめます。

下鴨神社 古書市での紙芝居屋さん

また、昨日は今話題のジブリ作品「風立ちぬ」も見てきました。内容はみていない方もいると思うので、詳しくは書きませんが、技術者は納得のいくものを作っていきたいという思い持っており、そのために資金を提供してくれるのが軍部しかなかった、戦争に使われる兵器を開発しているということは分かっていてもそこでしか飛行機を作るという夢を叶えることができないということが描かれていて、学生の頃に科学者の責任とは何かということを勉強したり、議論していたなぁと思い出しました。どんなに素晴らしい技術や理論であっても、それを正しく使うことが必要だと痛感しました。

今日、15日はアジア・太平洋戦争で敗戦してから68年目。午後から宣伝カーで訴える予定です。

8月6日平和記念式典に合わせて宣伝活動をしました。

昨日は8月6日で広島に原爆が投下されてから68年目でした。そこで、豊中市でも平和を訴えようと堀田府会議員と一緒に宣伝カーを出しました。

戦後68年が経っても、世界には2万発以上の核兵器があること、その廃絶のために日本共産党は核兵器をなくしたいというすべての人と連帯して頑張ることを訴えました。

また、8月5日には米軍ヘリが墜落し、こういった墜落事故が沖縄では本土復帰してから45回も起こっていて、そうであるにも関わらず、危険なオスプレイ配備を強行しようとしていることも問題だと合わせて訴えました。