市民の願い 実現のため 若い力で頑張ります!

記事詳細

金坂池の処分について 6月議会 建設常任委員会

  • [議会報告]
  • カテゴリー:
  • 2017/07/31 更新

2017年6月議会で金坂池の売却が議案提案されました。

金坂池は待兼山町にある財産区が管理するため池であり、2015年11月に売却処分案が豊中市より示されていました。私はこのことを昨年6月議会の一般質問で取り上げて、地元自治会が売却について認められないという決議があがっていることなどから、住民合意を最優先に進められるべきと求めてきました。

今回の議案が出されたときに、地元自治会から豊中市長宛に5項目の提案書が出されており、この提案書には、「基本的な点で周辺住民への対応が図られていない」ということが示されていて、道路のことや住宅の規模など5つの提案が示されていました。

私が6月議会の建設常任委員会の質疑の中で、地元からの5項目の提案書には、市が示した処分案に盛り込まれていない部分もあるが、今後は盛り込まれるのかと質問すると、市は「困難である」という答弁が出されました。

私は、そもそも豊中市の自然という面から考えればため池は重要な自然環境であり、その保全という立場からも残す事も検討をすべきであること、そして、どうしても公共での利用ができない場合で民間売却をするということがあったとしても地元自治会の合意が重要であるが、今回は自治会が示した提案書の中にはしっかり説明をすれば対応ができる部分もあり、もっと住民との話し合いをすべきとの立場から議案に反対をしましたが、賛成多数で可決されました。

今後とも金坂池の処分が少しでも住民の納得される中味になるように注視するとともに、合わせて、豊中市の自然環境という面からため池など貴重なみどりを残していくことを求めていきます。