市民の願い 実現のため 若い力で頑張ります!

記事詳細

道路の安全対策 6月議会

  • [議会報告]
  • カテゴリー:
  • 2017/07/31 更新

私が住む豊中市の北部の地域には、待兼山、刀根山、宮山、永楽荘、島熊山などの傾斜地を多く含む地域がたくさんあります。私も買い物をしている高齢の方で、坂の途中で休みながら家に帰っている様子や手すりをつけて欲しいという要望などを聞きました。傾斜地の対策、そして、箕面街道の安全対策について質問しました。

傾斜地の対応をどう進めるかという質問について、市は傾斜地を多く含む北部地域の校区の住宅地区計画が今年より計画づくりが始まっていくこと、そして、この住宅地区バリアフリー整備事業における意見交換会や、市民からの要望があれば、現地状況を踏まえて検討していくという答弁でした。

また、箕面街道についても危険な道路として残っています。私は市民の方から、カーブミラーや道路舗装など箕面街道の安全に関する要望があっても、なかなか進みにくい現状があり、溝蓋の整備をして歩道部分を増やすなど歩きやすくできないかと質問をすると、「豊中市域の交通安全対策に関する連絡会」を通じて求めていくと答弁がありました。

高齢の方も増えていく中で、歩きやすい道路にしていくということは、大変重要です。また、6月議会の質問以降でも、地域の方からアプロ前の信号の部分について、車の滞留があるためになんとかならないかという要望がありました。今、豊中警察や池田土木事務所と協議をしていますが、少しでも安全にできるように今後も頑張っていきたいと思います。