市民の願い 実現のため 若い力で頑張ります!

記事詳細

決算委員会(建設水道常任委員会)で地域のことを取り上げました。

  • [議会報告]
  • カテゴリー:
  • 2017/12/13 更新

10月12日に豊中市で建設水道常任委員会の決算委員会が行われました。建設水道常任委員会で私が取り上げたことについて紹介します。

千里川のガードレールやフェンスの修理を

千里川ではガードレールがなく、フェンスも大きく傾いていて、夜間など車の通行が危ないという声を聞きました。千里川は大阪府の池田土木事務所が管理をし、隣の道路は豊中市が管理をしています。私は、2016年度に行った河川堤防道路付属物調査の結果を確認し、整備について聞きました。市からは池田土木事務所と定期的に協議をしていることや池田土木事務所と共に、計画的に補修を進めていく予定であるという答弁がありました。

 この間、地域の方や後援会の方と一緒に箕面街道や千里川周辺などの地域を歩き、危ないと思われているところなどをチェックしています。また、豊中市や池田土木事務所にも要望を出していくことを予定しています。

 今後も地域の安全確保のために頑張っていきます。

 

柴原駅前のレリーフの補修を

 地域の方から柴原駅で壁面のレリーフが傷んできているので、修理出来ないかという声がありました。私は2016年度に道路付属物改修事業での調査の状況と修理を計画しているかということを質問しました。市は調査をした結果、擁壁自体には異常がないが、色あせ等があり修繕の要望もあることから、今後、修繕を進めていくという答弁がありました。

 柴原駅を降りると目の前にあり、一つの地域のシンボルとなるものであり、地域の方の思いも組んで修理をして頂けるよう再度要望しました。