市民の願い 実現のため 若い力で頑張ります!

議会報告

2016年12月議会報告② 支援教育の拡充を

  • [議会報告]
  • カテゴリー:
  • 2016/12/27 更新

豊中市ではこの5年間でも小学校、中学校に在籍する支援学級の児童、生徒の数が838人から1199人と急激に増えています。その中で、障がいの種類も多様化しています。市の支援学級では弱視など6つの障害種別に別れていますが、言語の障害は入っていません。私は、この間、相談を受けた中で、支援学級に在籍している児童で、言語の障害も出てきているので、通級指導教室のことばの教室に通わせたいという要望を聞きました。

 私がこのことについて質問すると、市は学校教育法の規定で、支援学級の児童は通級指導教室に通わせることができず、支援学級担当の先生が、教育センターの巡回相談員からの助言や通級指導教室のことばの教室の担当者からの助言を受けながら言語についても指導、支援をしていくと答弁がありました。

 しかし、実際には支援学級の先生は複数の子どもの担当をしており、一人一人にかけることができる時間は限られています。私は支援教育の中で、個別に対応できるような障がい児教育での人員を増員し、通級指導教室に法律上、行けないのなら支援学級の充実を図る事が必要と求めました。

 また、合わせて、現在、検討されている桜の町のあゆみ学園と稲津町の障害福祉センターひまわりに併設されているしいのみ学園との機能、役割の見直しの状況について質問をしました。答弁では、民間事業者による支援の向上と療育の充実を図るということが出されました。この間でも、行財政改革のもとで、障がい者施設のほとんどが直営から離れて、民間に移っています。その中で、障がい児の療育の分野まで民間に移そうとしているということです。

 私は、この間、豊中市の療育の中心を支えてきたあゆみ学園、しいのみ学園の機能の一部を民間に任せてしまえば、豊中市の責任が薄れてしまい、安心した療育環境を担保できないのではないかと、豊中市の直営での運営の継続を求めました。

 これからも障がい児者が安心して暮らせる豊中市を目指していきます。

2016年12月議会報告① 非正規でなく常勤職員に

  • [議会報告]
  • カテゴリー:
  • 2016/12/27 更新

この間、豊中市が行ってきた行財政改革により、子ども子育て新制度による保育料の引き上げやたちばな園、みのり園などの障害施設の民営化や指定管理化、窓口業務の民間委託化、職員の適正配置といいながら非正規化を進めてきました。その中では、公立であった障害施設が民営化、指定管理化していく中で、これまでのようなサービスが受けられなくなるのではないか等の不安の声があがっていました。こういった声にあるように、行財政改革という中で行われた負担増や民営化が市民に影響が出てきているのではないかと豊中市に質問しました。それに対して、豊中市は、サービス水準を下げるものではなく、市民サービスの向上に取り組んできたと答弁しました。

 しかし、この答弁は、これまでの行財政改革で影響を受けた市民の声を聞かないものだといわざるを得ません。私は、市の施策によるマイナスの影響もしっかりと見ると共に市民の暮らしを守る立場にたつことを求めました。

 続けて、職員体制について質問をしました。私はこの間の正規と非正規の割合についてたずねると、市の答弁から平成17年度は7割が正規職員だったものが、平成27年度には6割にまで下がっていることが明らかとなりました。この10年間で、1割が非正規職員へと入れ替わっています。特に福祉事務所や保育所では、約半分が非正規職員となっています。ケースワーカーや保育士など困窮な状態となっている市民や子どもと直接対峙する職場で、非正規職員が増えていっています。

 非正規職員には任期付き短時間職員や一般職非常勤職員など短時間の勤務の方が多く、いざ、相談しようと思っても相談できないといったことにもつながり、市民サービスの後退にもなってしまいます。

本来、常に必要な仕事は常勤職員を充てるのは当然であり、非正規職員は、臨時的、補助的な業務とするのが当然です。私は恒常的で必要な仕事には常勤職員を充てるべきと求めました。これからも非正規ではなく、正社員が当たり前の社会をつくっていくために頑張ります。