維新府政に、若い力で真っ向勝負!

議会報告

体育施設など14施設で使用料を引き上げ 2013年9月議会文教常任委員会

  • [議会報告]
  • カテゴリー:
  • 2013/10/07 更新

体育施設など14施設で使用料を引き上げ

 豊中市の体育施設など14の施設の使用料の引き上げを決める条例提案がこの9月議会に出されました(下記表参照)。最大で使用料が1.5倍にもなってしまいます。料金を改定を知った方からは「お金があるなしに関わらず、気軽に集える場があるからこそ、心身共に豊かになるし、人間関係も豊かになる。値上げしないでほしい」という声が届いています。私は文教常任委員会でこの問題を取り上げました。

 例えば、テニスコートは隣の箕面市では500円、吹田市では600円、比較的高い池田市でも1600円となっています。豊中市は今回の料金改定で1800円の使用料となるなど、周辺自治体に比べて大変高額になります。施設面でも豊中市ではナイター設備がありませんが、池田市や吹田市ではナイター設備があるなど豊中市が施設として優れているというわけではありません。今回の使用料改定を決めた基準になる「公の施設の使用料に関する指針」の中でも「周辺自治体の類似施設より高額となることで、利用率の低下を招くおそれがあるときは、改訂額を調整します」となっており、私は、この改訂は高額といえる状況ではないかと質問すると、市は突出して高額ではないという答弁でした。隣の市の3倍もの料金でも高額でないと言い切ることは、今回の値上げが市民にとって使いやすい施設にする、スポーツを広めようという考えで市がすすめた訳ではないことは明確です。

また、豊中市のスポーツ推進ビジョンには、目標として「すべての市民が、それぞれの関心や目的に応じたスポーツに親しみ、健康で活気に満ち、ひとやまちとのつながりにあふれたスポーツ文化の推進」と掲げられています。それにもかかわらず、使用料を値上げすれば、施設の利用が減ってしまうのは必然であり、豊中市の政策とも矛盾することを指摘し、反対しましたが、他党の賛成多数で通ってしまいました。平成24年度の決算をみても、豊中市が府下の41市町村(大阪市、堺市を除く)の中で最大の黒字となっている中で、市民負担を増やしていくことは大変問題だと思います。

 

 

施設名

全日(9時~21時)

値上げ率

改訂前

改訂後

豊島体育館

36000

42000

117%

柴原体育館

8000

12000

150%

6000

7500

125%

庄内体育館

36000

42000

117%

13500

19000

141%

千里体育館

36000

42000

117%

13500

19000

141%

6000

7500

125%

 

1回2時間(平日)

値上げ率

改訂前

改訂後

豊島公園庭球場

1200

1800

150%

千里東町公園庭球場

ふれあい緑地庭球場

野畑庭球場

900

1300

144%

 

全日

値上げ率

環境交流センター

改訂前

改訂後

会議室1A

2800

4200

150%

会議室1B

1750

2600

149%

会議室1C

1750

2600

149%

会議室2

1400

2100

150%

展示スペース

2450

3600

147%

 

全日

値上げ率

改訂前

改訂後

母子福祉センター会議室

900

1300

144%