市民の願い 実現のため 若い力で頑張ります!

一言イットク!

学習について

  • [一言イットク!]
  • カテゴリー:
  • 2016/08/29 更新

私は必要なことがないとなかなか学習が進まない方なので、日常的には学習をしているかといわれると心許ないところがありますが、幸いにも市政報告や議会質問、民主団体でのあいさつや講演など勉強が必要な場面をたくさんくれるので、学習をする機会に恵まれてきています。ありがたいことです。そうやって勉強していくときに学習のおもしろさや古典の奥深さを実感できます。

先日、民商婦人部の総会で、所得税法第56条のお話をしてほしいと依頼があり、準備をしました。所得税法第56条は個人事業の家族への給与を経費としないというもので、明治時代の家父長制度の下で家の収入はすべて戸主のものだという考え方から続いています。未だにこの制度が続いていることは大きな問題で、廃止を求める運動が長くあります。このことをお話するにあたって、なぜ女性は差別されるのかといったところから出発するのがいいのではと思い、いろいろと調べるとエンゲルスの「家族、私有財産、国家の起源」へと行き当たりました。マルクス、エンゲルスの時代から女性差別の原因と解決の方法が語られているということを知り、古典学習が今の問題へとつながっていることに目から鱗がおちる思いでした。

今度の9月29日には、近くの野畑図書館で憲法学習会として、関西大学の孝忠名誉教授を招いての学習会をします。憲法をより深く学び、目から鱗が落ちる学びになればと思っています。

 

晴れた日に雨水管から水が・・・

  • [一言イットク!]
  • カテゴリー:
  • 2016/08/02 更新

7月の下旬、「晴天が続く中で千里川の春日橋付近の雨水管から水が出ているけどどうしてですか」と市民の方からおたずねがありました。

 その方と現地を見に行くと、実際に雨水管から千里川に水が流れてきています。見に行った日もその前の日も雨は降らず晴天が続いていたので、不思議なこともあるなぁと思いながら、豊中市の上下水道局に連絡すると、すぐに現地を確認にいってくれました。結果はバケツが合流式下水管から河川に流れる菅の部分に引っかかっていて、本来なら下水処理場に流れるはずの下水が千里川へと流れていることが分かりました。

 上下水道局の方がすぐに対応をしていただき、ひっかがっていたバケツを撤去し、下水が流れた部分をバキュームカーで清掃をして頂きました。

 通常は、上下水道局で2ヶ月に1回はチェックをしており、また、バケツなど大きなものが下水管に流れてこないように柵などもしているとのこと。担当課の方も、実際に6月にチェックしたときは何もなく、豊中全体でも数年に1度あるかないかという珍しいことで、千里川では初めてではないかということでした。

 教えてくれた市民の方は、よく千里川の周辺を歩いている方で、川のことも見ている方でした。地域の市民の目でチェックをするということは大切なことだと実感しました。